ホーム > クレジットカード審査 > 何枚も同時にクレジットカード審査に出すと審査落ちする?

何枚も同時にクレジットカード審査に出すと審査落ちする?

クレジットカードは基本的に1枚だけ申し込む場合がほとんどだと思います。しかし何か理由があって、同時期に複数枚のクレジットカードの申し込みをした場合、審査に落ちてしまうという噂は昔からあります。実際の経験からすればまったく問題ないと言ってよいと思います。

一度に2枚、3枚の申し込みなら問題ない

クレジットカードをほぼ同時に2枚、3枚と申し込む程度であればまったく問題ありません。ただし条件としては過去に支払い遅延をしていないことが必須です。クレジットカード会社が最も重要視するのは、支払いしてもらえなくなる可能性があるかどうかだからです。

たくさんのクレジットカードを持つということは、それだけカードで支払える金額の上限があがるということです。1枚30万円/月まで利用できるクレジットカードが3枚あると毎月90万円使えてしまいます。このまま支払いが滞ったり支払いされない場合はクレジットカード会社のリスクが上がるだけです。

ですから、今まで毎月しっかりとクレジットカードの請求に対して支払いを続けてきた人は信頼度が高く評価されていて、同時に2枚、3枚と申し込んでもまったく問題ありません。

ただし、10枚以上申し込むような、常識で考えれば異常な枚数の場合は使用用途が一般の決済の常識を超えていると考えられて審査に落ちる可能性が高くなるでしょう。要するに常識の範囲内であれば複数枚同時に申し込んでも大丈夫ですし、それを超えていたら落ちるということです。

同じ日に申し込むとカード情報が各カード会社同士が把握できない

実はまったく同じ日にクレジットカードの申し込みをJCBとVISAにしたとしましよう。この2社は別の会社ですからこの時点で同時にクレジットカードが申し込まれた事実がわかりません。というわけで同時に別のクレジットカード会社に申し込んでも、自社に1枚だけ申込みが来たとしかわからないのです。

翌日になると信用情報にカードの申し込み記録が追加されるため、翌日以降にカード会社が審査のために情報照会した際にはわかりますが、申込み当日にはわからないとされています。

もし複数枚カードを同時に申し込みする場合は同じ日の朝に申し込むと精神的に安心かもしれませんね。再度言いますが、何れにせよカードを同時に複数枚申し込んでもまったく悪いことをしているわけではないですので問題ありません。

カテゴリ

  • JAL
  • JCBカード
  • アメックスカード
  • イオンカード
  • カードの支払
  • クレジットカードのセキュリティ
  • クレジットカード審査
  • コンビニ
  • セゾンカード
  • ダイナースカード
  • 基礎知識
  • 店舗でのクレジットカード決済情報
  • 旅行
  • 銀行系クレジットカード
  • 飲食店