クレジットカードのセキュリティ

ホーム > クレジットカードのセキュリティ

パスワード入力で使えるようになる新しいクレジットカード登場

三井住友カードが新しく日本で展開するクレジットカードの機能として、パスワードを入力しないと利用できないクレジットカードを発表し話題になっています。クレジットカード自体にはカード番号等がなく、カードにパスワードを入れて解除しないと使えない仕組みになっています。盗難があっても使用できないセキュリティ向上が期待できます。

パスワード入力で使えるようになる新しいクレジットカード登場の続きを読む

クレジットカードがサインなしで使えるようになる

アメックスが店頭でのクレジットカード決済でサインをしないようにすると宣言し、他社のクレジットカードも同様の流れになると考えられています。今まではカードの裏に書かれているサインと決済時のサインが同じであることを個人証明としていましたが、最近はICチップによる決済でPINを打ち込んで個人証明をすること、オンライン決済が増えたことによってサインする必要性が薄れてきていることが理由です。

また、サインに関しては店舗でチェックすることはほとんどなく、ある程度似たようなサインであればそのままスルーできていましたので、セキュリティ面でサインが絶対に必要かというとそうではないのが現実でしょう。

クレジットカードがサインなしで使えるようになるの続きを読む

クレジットカードのICチップ決済が進まない日本

クレジットカードには磁気ストライプがついていて、レジでクレジットカードをスライドさせて決済する方法が一般的です。しかしこの磁気ストライプは情報を盗み取ることが簡単で、それが原因でスキミングの被害が増えていました。

そこで最近のクレジットカードにはほぼすべてICチップが搭載されていて、これを読み込んで決済をする手法が世界的に主流になりつつあります。しかし日本では未だに磁気ストライプを読み取ったレジばかり。

これを日本政府が2020年3月までにICチップ決済の端末に切り替えていくことを目標に掲げていますが、実際店舗側は対応する気はまだないといいます。

クレジットカードのICチップ決済が進まない日本の続きを読む

カテゴリ

  • JAL
  • JCBカード
  • アメックスカード
  • イオンカード
  • カードの支払
  • クレジットカードのセキュリティ
  • クレジットカード審査
  • コンビニ
  • セゾンカード
  • ダイナースカード
  • 基礎知識
  • 店舗でのクレジットカード決済情報
  • 旅行
  • 銀行系クレジットカード
  • 飲食店