ホーム > クレジットカードのセキュリティ > クレジットカードがサインなしで使えるようになる

クレジットカードがサインなしで使えるようになる

アメックスが店頭でのクレジットカード決済でサインをしないようにすると宣言し、他社のクレジットカードも同様の流れになると考えられています。今まではカードの裏に書かれているサインと決済時のサインが同じであることを個人証明としていましたが、最近はICチップによる決済でPINを打ち込んで個人証明をすること、オンライン決済が増えたことによってサインする必要性が薄れてきていることが理由です。

また、サインに関しては店舗でチェックすることはほとんどなく、ある程度似たようなサインであればそのままスルーできていましたので、セキュリティ面でサインが絶対に必要かというとそうではないのが現実でしょう。

クレジットカード側のセキュリティが高まった

実はサインをするかどうか以前の問題で、クレジットカード会社側のセキュリティが非常に高くなっていることがサインレス化の理由でもあります。

クレジットカードを普段使わないような場所やショップ、金額で決済が入るとすぐにカードが盗まれたと判断し、不正利用を最小限に抑える技術が発達しています。不正に使われてしまうと私たちはカード会社から補償がありますが、ほかは保険にて賄われているため、不正利用があっても大丈夫というわけではなく最小限に抑えるセキュリティ技術が発達していると言われています。

今後AIなどによってさらに高度化し、利用者以外が使用した可能性を察知した瞬間、利用停止とさらに次の行動へ移せるような仕組みができる上がるでしょう。

サインする時間が無駄

決済のたびにレジでサインしていると時間をとられますよね。これは私たち利用者もそうですし店舗側も無駄な手間であり、カード決済はサインするのが面倒だから使っていないという人もかなり多いはずです。今でももうサインする端末は減ってきていますが、それでも完全にサインレスになれば客も店舗もどちらも今より手間を省くことができますよね。

サインレスになったとき、私たちが気をつけることは

カードのサインが無くなったとしても今まで通りで大丈夫です。最近はICチップを読み取り、PINを入力して使うものが大半です。そのため元々サインなんてしないことがほとんどなのです。

たまにサインをするレジに当たるとびっくりするほどサインレスのレジが普及しているはず。コンビニでも小額決済はサインレスになっていますよね。これがすべてのレジで行われるだけです。

紛失だけは避ける

現在でもそうですが、サインレスになればカードさえレジで渡せば決済が完了しますから、カードの紛失は致命傷になるでしょう。紛失した際はカード会社にすぐ連絡し、カードの利用を止めてもらいます。

紛失以外ではスキミングされることも考えられますが、磁気テープの読み取り自体が減ってきていますから、今後ICチップ読み取りになればこれに関してはあまり心配しなくても良いと言えそうです。

カテゴリ

  • JAL
  • JCBカード
  • アメックスカード
  • イオンカード
  • カードの支払
  • クレジットカードのセキュリティ
  • クレジットカード審査
  • コンビニ
  • セゾンカード
  • ダイナースカード
  • 基礎知識
  • 店舗でのクレジットカード決済情報
  • 旅行
  • 銀行系クレジットカード
  • 飲食店