ホーム > クレジットカードのセキュリティ > パスワード入力で使えるようになる新しいクレジットカード登場

パスワード入力で使えるようになる新しいクレジットカード登場

三井住友カードが新しく日本で展開するクレジットカードの機能として、パスワードを入力しないと利用できないクレジットカードを発表し話題になっています。クレジットカード自体にはカード番号等がなく、カードにパスワードを入れて解除しないと使えない仕組みになっています。盗難があっても使用できないセキュリティ向上が期待できます。

カードにパスワード入力タッチボタン採用

新しいカードには、カード券面にタッチボタンが並んでいて、ここでパスワードを入力します。

するとカードのICチップや磁気ストライプが使用できる状態に起動し、液晶画面にはカード番号が表示されます。正確なパスワードを入力していない滋養体では当然ICチップや磁気ストライプが使えない状態になっているため、盗難や紛失時に他人が使おうと思っても使えません。

また液晶画面にカード番号が表示される仕組みになっているため、インターネットでカード番号を入力して使おうとしてもカード番号が見えないので使えないとのこと。

ちなみに決済が終了すると今まで起動していたICチップ、磁気ストライプ、カード番号は自動的に消えます。

これによって今まで以上にセキュリティが向上する予定です。

サインレスになるとこのカードが必須になるかもしれない

アメックスが全世界で決済時のサインを不要とすると発表し、その他のカード会社もそれに追随する流れが出ていますが、それに伴いカードを所持している人が本人かどうかの確認が取りにくくなることや決済のハードルが今まで以上に低くなりすぎて不正使用の件数が上がるのではないかという懸念もある中、今回の三井住友カードの発表はサインレスの不安を払拭する以上の出来事だったと思います。

カード1枚あたりのコスト

ここで気になるのがカード1枚あたりのコストです。明らかに色々な機能と技術が盛り込まれているため、今までのプラスチック製カードとは桁違いにコストがかかると考えられます。

年会費無料のカードにこの技術が採用されるのかは微妙です。年会費などがある程度かかるカードのみ採用されるのではないかと思います。

カテゴリ

  • JAL
  • JCBカード
  • アメックスカード
  • イオンカード
  • カードの支払
  • クレジットカードのセキュリティ
  • クレジットカード審査
  • コンビニ
  • セゾンカード
  • ダイナースカード
  • 基礎知識
  • 店舗でのクレジットカード決済情報
  • 旅行
  • 銀行系クレジットカード
  • 飲食店