ホーム > カードの支払 > エブリプラスやアコムマスターカードはリボ払い専用だから気をつける

エブリプラスやアコムマスターカードはリボ払い専用だから気をつける

最近はリボ払い専用のクレジットカードが普通に出回っています。リボ払いはクレジットカード会社からすると収益を簡単に大きく上げられるためこのような専用のクレジットカードを審査を甘くして発行しまくっています。

リボ払い専用カードは設定した支払い上限金額を超えた分がすべてリボ払いになります。知らずに入会してメインカードとして利用していると、毎月リボ払いの利息を支払い続ける支払方法を続けることになります。

リボ払いが損する理由

リボ払いというのは月の支払金額の上限を決めておいて、それ以上カード決済した場合は毎月決まった金額だけを返済する形で支払っていく支払方法です。当然利息がついて全額支払い終えるのに何ヶ月もかかります。

リボ払いになった金額が大きくなればなるほど返済期間が伸び、毎月利息がつくので支払総額は大きくなり、クレジットカード会社は儲かる仕組みになっています。

リボ払いの上限金額を決める

リボ払いになってしまう上限の金額を決めます。普通は5,000円、1万円、3万円、5万円などと区切られて設定することができます。1ヶ月の間に設定した金額を超えるクレジットカード決済はすべてリボ払いになります。

例えば1ヶ月5万円までを上限に設定すると、5万円までは毎月一括で支払います。ここまでは問題ありません。

しかし10万円使ってしまうと、超えた5万円はリボ払いとなり、毎月5万円を分割して支払っていきます。翌月も5万円以上カード決済してしまうと分割返済金額がどんどん膨らみます。これでは毎月返済なんてできないですよね。

しかしリボ払いは返済がきつくなりません。なぜなら毎月返済として支払う金額の上限も決まっているからです。自分が支払える範囲内でリボ払いした文の金額を利息をつけて返済していきます。

しかし実際は毎月たくさん使えば使うほど元金が増えていくので、総額の返済金額が異様に膨らんでしまいます。ということは毎月の返済金額を上げるか、一括返済しないと一生リボ払いの利息を支払い続ける可能性もゼロではない、ということです。

リボ払いの上限金額をカード限度額に設定する

VISAカードは会員サイトにログインするとリボ払いの上限金額を自由に設定できます。エブリプラスはリボ払い専用のカードですが、これも上限を自由に決められます。年会費が無料で審査も甘くてよいカードですが、リボ払いがネックになりますよね。

ここで絶対にリボ払いになせないようにする方法があります。会員ページにログインしたらリボ払いの上限金額をカードの利用上限金額に設定します。例えば月のカードの限度額が100万円であれば、リボ払いの上限金額も100万円に設定するのです。

こうすることで、リボ払いになる心配はありません。利用限度額100万円以上はカード決済できませんから、これ以上決済してリボ払いが発生することはないのです。

自分のカードがリボ払いになっていないか確認しましょう

最近はリボ払い専用カードとは知らずに年会費無料だからという理由でカードに入ってしまう人が少なくないようです。知らないうちに毎月リボ払いの利息を支払っている人もいるようです。なぜなら最近は利用明細がデジタル化して自分で会員ページにログインしないと明細をチェックしなくなっているからです。

まずは自分のカードがリボ払い専用カードになっていないか確認しましょう。

また明細は毎月必ずチェックしてリボ払いや不正利用などがないかなどを確認するようにしましょう。

カテゴリ

  • JAL
  • JCBカード
  • アメックスカード
  • イオンカード
  • カードの支払
  • クレジットカードのセキュリティ
  • クレジットカード審査
  • コンビニ
  • セゾンカード
  • ダイナースカード
  • 基礎知識
  • 店舗でのクレジットカード決済情報
  • 旅行
  • 銀行系クレジットカード
  • 飲食店